30代女性会社員のパラレルキャリアへの道

人並以上に働いた20代。そしてふと気づく、いろんなこと。 30代になった頃、押し寄せてきた働き方改革の波や海外赴任や結婚・単身赴任という急な環境の変化。 そして、気になりだした副業やプチ起業。でも、やっているうちに「ちゃんと価値提供したい」想いに…。とはいえ、考えこんでも進まないのでやりながら走ってみようということでブログ始めました。

駐在生活備忘録:異文化理解①

多くの駐在員が、日本のテレビが見られるように回線を引いていたり、

日本人街に住んで、日本人と交流している中、

私は現地のテレビ番組を見て、普通の住宅街に住み、現地の子と交流していました。

 

そのため、自然と中国の“今”の生活に詳しくなっており、

営業先の日系企業の皆さんから

「中国歴長いんですよね?10年ぐらいですか?」

と聞かれることがほとんどでした。

 

そんな私から見た中国は、

・日本と比べ、はっきり意思表示する

・よくしゃべる(バス待ちとかで知らない人と意気投合したりする)

・とにかく、家に呼ぶ(これ、日本人として面食らうやつ)

・キャッシュレス便利

・なんでもスマホで便利(銀行、タクシー、ネットスーパー、自転車etc.)

などなど、よく言われている違いはあったものの、もっと驚いたことがありました。

 

それが、

売込みに対して、開けている

ということでした。

 

数年前まで、言い値の世界だったこともあり、

「いくら?」というのに抵抗がないことはもちろんですが、

実はテレビ番組自体の作り方が全然違うのです。

 

私自身、この分野の専門家ではないので、あくまで一個人として、

生活してみた感想として、まとめてみました。

 

1:テレビドラマ中に、衣装の通販が始まる

 

それは、ある日、家で当時流行っていたテレビドラマを観ていた時のこと。

 

恐らく、日本でもある程度は、名前の知られている

楊冪(ヤン・ミー)さんが、上品なファッションで登場。

ja.wikipedia.org

 

すると…

ドラマの進行を無視して、画面下4分の1程度に帯が登場。

 

 

なんだと思ってみたら…

「今、女優が来ている服は、○○というブランドの商品です。

 値段は300人民元!!買うなら今!!」

という表示が…。

 

元の画面はそのままのサイズなので、下1/4が隠れたのは、

さすがに邪魔です。(※後で友達に聞いたら、通常放送は出ないそうです)

 

インターネットテレビだったからって、やりすぎです。

 

f:id:puchi_merry:20200517212620p:plain

 

そのことを、後日、現地の友人に話すとこう言われました。

 

「楊冪は、帯貨明星なんだから、

  別に広告が出てもいいじゃん。

   みんな買ってるよ!!」

 

   ※帯貨明星:消費影響力の高い芸能人

www.excite.co.jp

 

2:ドラマ中に宣伝商品が山積み&ドリンク飲み続ける

 

そして、別のある日、同じく当時、非常に流行っていた

歓楽頌(日本語だとこのページに丁寧な解説あり)やその他ドラマを

観ていても、CMで流れていた商品が、部屋の端っこに山積みにされていました。

 

一番面白かったのが、スポンサーが飲料メーカーで宣伝商品がドリンクだった時。

当然のように、毎回、そのドリンクを一気飲みするシーンがありました。

 

まるで、CMか…ってイメージこれぐらいで露出します。

 


【懐かしCM】渡辺満里奈 チョーヤのホット梅酒

 

とにかくスポンサーの力がすごい。

 

 

3:宣伝専門アナウンサーがいる&司会自らも宣伝

 

バラエティー番組に至っては、司会が自ら商品の説明をしたり、

今年MISIAが出て話題の「歌手」という私が6年以上見ている番組でも

宣伝専門アナウンサーの方が、商品の宣伝をするほか、CMに入る前、

司会者(歌手のうち1名)が必ず、商品説明と提供メーカーの説明をします。

 


【ENG SUB】《歌手·当打之年》第12期 歌王之战总决赛完整版:歌王之战掀起巅峰对决 李宇春火力全开助阵华晨宇 Singer2020 EP12【湖南卫视官方HD】

 

こっちらは、バラエティー番組なので、流れを中断された感は出ないため、

気にはなりませんが、

 

「ご覧のスポンサーの提供でお届けしました」

 

というコメントやテロップではなく、しっかり時間が割かれており、長い。

やはり、ここでもスポンサーの力を感じずにはいられません。

 

こちらのお見合い番組でも、番組ロゴではなく、

拼多多・ピンドウドウ(スポンサー)のロゴが全面に掲げられてます。

そして、出演者同士の会話から、

司会がばっちり、拼多多の宣伝につなげるという徹底ぶり。


非诚勿扰 完整版 迎来超优质学霸:立志成为对IT界有影响力的领军人物 191221

 

日本でも、提供元のCMはもちろん、ロゴを出したりしますが、

頻度も押し方も桁違い。

 

 

当たり前ですが、中国は人口が多いので、宣伝にはお金をかけないと、

露出で埋もれします。そして、ビジネスのエコシステム(投資サイクル)が

出来上がっているので、スタートアップの企業でもダイナミックに投資をします。

 

4:電車の中でビラ配り&wechat登録

日本でも、駅前にはビラ配りの方がいますが、

私もやっていたことがありますが、

歩いている人に興味をひかせるのは簡単ではないです。

 

f:id:puchi_merry:20200517223959p:plain

 

中国の方は、とても効率を考える人たち。

そのせいなのか、文化なのかわかりませんが、

電車のしかも車両の中で、ビラ配りをする人が結構います。

しかも、うたた寝していると、勝手に鞄にチラシを突っ込まれることもあります。

 

それぐらいは、気にしなければ、気にならないのですが…ある日

「こちらのQRコードをスキャンして、投票をしてください!!」

という人が出始めました。

 

完全なる評価社会の上海では、

日本でいう、出前館やデリマ、食べログのようなサービス。

例えば、饿了吗、大衆点評 などの評点が4.5以上ではないと、

人気が出ない=客足が伸びない のです。

 

そこで、自力で営業して、いい評価をつけてもらおう!

と電車の中で「新店オープンしました!」「○○の店やってます!」と

普通に営業をかけてくるんです。熱心ですよね。

 

 ※外国人なので、中国語分からないふりして、日本語で切り抜けてました。

 

声をかけられている側も、特に嫌な顔をすることもなく、

可愛い女の子だったりするとおおよそ1/3程度、

投票や店の登録をしてもらうことに成功していました。

(普通の若い男性や普通の女性でも、1/5程度は成功していました)

 

5:聞いてもないのに商品説明スタート

スーパーやコンビニでも面白くて、

何度か行くと、特に年齢が高い方は

「今日はあれ買わないのか?」とずけずけ聞いてきます。

 

そして、商品棚の前でうろうろしていると、

品出し係の方が、売れ筋が何か?個人的にどれがおススメか?

をまくしたててきますした。

 

エリアや店の方針もあるようで、上海はやや少なかったけど、

四川はすぐに話しかけてくるので、しかも四川語で話しかけてくるので、

困った覚えがあります。

 

 ※とはいえ、北京語で話したら、合わせて北京語で、

  ゆっくり、丁寧に話してくれました。

 

 

 

このような、1~5が続いた中、私ははたと気づきました。

 

「この人たちは、売込まれることに抵抗がない」

 

別にいらなかったら、断ればいいじゃん?!

テレビって、スポンサーがあるから成り立ってるんでしょ?!

 

結構、当たり前にそう思っています。

そして、よく考えると、その考えの方が当たり前です。

 

慣れていない私は、いちいちf:id:puchi_merry:20200517212620p:plainしていましたが、

そういうもんか!と思った瞬間、心が晴れやかにf:id:puchi_merry:20200517225106p:plain

 

 

駐在は本社との調整や仕事のプレッシャーなどもあり、

言語がわかる状態で行っても、つぶれる人もいるのが事実。

 

私がここに書いていることは、私から見た感想で、

専門の方は、もっと違うことをおっしゃるでしょうし、

そのほかの見え方の方もいると思います。

 

それでも、異文化の環境では、自分なりに

「どうやらこうみたいだ!」

と1つずつ理解をし、修正をしていくことを楽しめると、

理解も進むし、心晴れやかに毎日を過ごすことができます。

 

楽しんで、ヒントにしてくれたら嬉しいです。

面白いって何だろう?

一生懸命、書いた文章が消えたので、また一から打ち直し。

 

さて、先日読んだ、これが面白すぎて(これって表現も失礼ですが)反芻中。

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

  • 作者:田中 泰延
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

既にTwitter上では

 

と謎の感動・感激を連打しておりましたが(笑)

本がとにかく面白い。

 

「事象に触れて論理展開し心象を述べる」のが随筆である

という定義の通り、

調べるまでのプロセスや方法を紹介していたり、

小説家先生たちが、出していらっしゃる文章の書き方の本を紹介されたり。

 

そこまでは、まあ理解できるとしても、

出版社、編集者の方からのオファーメールをそのまま張り付けていたり、

結構、めちゃくちゃである。

が、とっても面白い。

 

日本の小学校は、謎に心象を表現する作文ばかり書かせるが

それを真っ向から否定。

 

とにかく、事象を大切にされる方でだなと思ったのは、

 

誰も興味のない自分の感情だけ喋る人は、

 「つまらない人間だ」

 

と一蹴されていたこと。

紹介されている、例が…なんともツッコミどころ満載の人物で、

とはいえ『あぁ、いる~』という感じで、とっても人間味のある率直な表現が、

とっても魅力的な本です。

 

やや疑問が残るところも、大盤振る舞いで、

田中さんが書いた記事の数々がURLとQRコードで書いてあるので、

そこに飛んでいけば、『なるほどね!』としっくりくる…

 

はずなのに、リンク先が面白くって、思考が脱線する私の思考回路の弱さよ…。

 

 

それで、何が面白いか。

 

私が面白さを感じたのは、

最近はまっているこの動画とも共通している

 


DEMON SLAYER (Kimetsu no Yaiba) OP - GURENGE - Tsuko G. Cover

 

この人、演奏も歌唱もめちゃくちゃ上手なんですが、

明らかに、練習量を積んでいますし、

それ以上に…本当に好きなんだな。楽しんだな。この曲が好きなんだな。

が伝わってくる気すらします。

 

 

文章を書くなら、

 自分が夢中になって読んでしまうような文章を書く。

 

音楽をやるなら、

 自分が夢中になってしまうような演奏をする。

 

それが信念にあるから、読み手も夢中になる。

 

 

最近は、広告や販売目的でもないのに、

ターゲティング、誰に対して書くか?を明確にせよ!

の論争が強いですが、明らかに「作りました」感って、

面白くはないと個人的には思います。

 

どれだけ、関心と愛情と興味を持って、調べ/練習して、

それをまとめ上げることができるか。

 

逆に探究心が高すぎて、何がそうさせるのか興味津々です。

 

 

 

書き直したら、少々、真面目なテイストに変わってしまいましたが、

「事象に触れて論理展開し心象を述べる」という随筆に、
起承転結ほど効率よく使えるコード進行はない。
とあったので、今回は、起承転結で書いてみました。

 

おおよそ、面白いしか書いておりませんが、

ちゃんと使えるスキルやノウハウも…最後の方にちょっと出てくるので、

 面白いを全力で考える真面目さと探究しちゃう好奇心を見習いつつ、

私はノウハウっていう、簡単なところから真似しております。

 

“読みたいこと”

“自分が一番読みたいことを、文字にして繋いでいくこと”

 

それは全然簡単なことではないですが、そんな魅力的で面白い文章が書けるよう、

好きなことを好きって、言えて、それが表現できるようになりたい。

そう思った、日曜日でした。

昔の女の人って強いよね

先日、マツコ会議を見ていると、

SHIZUKA KOMURO(小室しづか)さんが出ていました。

 

株式会社洋服屋 代表取締役で、

4298shizukakomuro

shizukakomuro

のブランドを立ち上げ、現役のデザイナーもされていらっしゃる方。

 

インスタもやっていらっしゃるようです。

 

この方が、20代前半で会社を立ち上げ…

とおっしゃっていて、今も現役で、デザイナーをされているとのこと。

 

デザイン、営業、経営、海外交渉までおひとりで広げてきたそうです。

(実際ヨーロッパにもお店あったそうです)

 

この方もそうですが、日本人女性でも

1930年代までに生まれた皆さんって、

自分の腕で、世界に名前を売って、沢山のファンを獲得されていらっしゃいますよね。

 

・コシノジュンコさん

・森英恵さん

・山野愛子さん

・桂由美さん

 

ファッションに全く詳しくない私でも、名前は知っています。

 

・オノヨーコさん

・草間彌生さん

も世界に名前の知られた方ですよね。

 

皆さんより、さらに遡ると、(日本人ではないですが)

・ココ・シャネルさん

なんかも、女性が働く時代じゃなかったのに、

めちゃくちゃ成功されています。

 

映画が印象的だったのでよく覚えています。

 


ココ・アヴァン・シャネル(吹替版)(予告編)

 

映画のシーンでも、

「 ほかのデザイナーにも容赦なく噛みつく」

なかなかの狂犬ぶりを発揮していて、

仕事しちゃいけない時代に、強引に仕事している女性って、

今の女性と全然違うんだな~と思ったのを覚えています。

 

逸話はいろいろ残っていて、これも勉強になりました。

www.wwdjapan.com

 

 

会社でも60代の女性の先輩に話を聞くと

「女は高校なんて行くな!」

「女は大学なんて行くな!」

「女が外で働くなんて、どんなつもりだ!」

と周囲から、ギャーギャー言われたと聞きます。

 

 

マツコさんやはるな愛ちゃんもそうですが、

やっぱり、あえて、レールを外れて道を歩みだした人、

そして、それを完遂させた人は強い。

 

レールを外れる?がポイントなのか、

完遂がポイントなのかわかりませんが、

何か取り入れていきたいですね~。

 

 

個人の資産について考える

諸々の資格試験が吹っ飛んでしまって時間ができたこともありまして、

 

今回は、個人の資産について考えていきたいと思います。

 

といっても、金融資産の話ではなく、

“スキル資産”と“人間関係資産”のお話。

 

 

先週から、私は会社の仕事でもSNSの活用をし始めたところなのですが、

やはり、今って会社の発信力がなくなっているからか、

情報が多すぎるからか、個人の発信力自体が大きな価値になっていると感じます。

 

TwitterやFacebook、INSTAGRAM、Instagram 

 そしてのYouTubeや、最近だとnoteTikTokなどなど。

 

先週、こちらの作者の方の動画も拝見しましたが

(本は、、今週中には読みます)やはり、意思決定の仕方も

変わってきているんだなということを感じます。

 

僕らはSNSでモノを買う

僕らはSNSでモノを買う

  • 作者:飯髙 悠太
  • 発売日: 2019/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

動画の中で、いくつも印象的なフレーズあったのですが、

領域的に分かりやすかったので、人材採用について取り上げます。

 

出演の際に、BtoBではダークソーシャル(ウェブ上の足あとの見えない購入)が

多いため、正確なデータは取れないものの…という話などもありましたが、

 

「採用に関しては、ほぼTwitter経由ですよ」

 

という衝撃の発言。

 

何している人か、どんな考え方をするか、どんな人が集っている会社か…

って確かにTwitterって結構わかりますよね。

 

もちろん、会社自体がSNSマーケティングをされているというのも

あると思いますが、

『この仕事、面白そう!』『この人と働きたいな!』

が、お金をかけて作りこんだ採用ページではなく、

無料で使っているTwitter。

 

なんか、めっちゃ面白い。

 

そんなことを思っていた矢先、今朝、Facebookで流れてきた

フォースタートアップス株式会社について、HPを見ていると…

forstartups.com

 

今年のIPO企業で注目していた企業なので、

人材系企業出身者あるあるの癖、

 

つい、求人情報を見てしまう

 

を発揮してしまい、採用ページを見ていると…

 

歓迎条件
・成長産業領域(ネット/ロボティクス/バイオ/アグリ/航空宇宙/AI/ヘルスケアetc)の企業での経験をお持ちの方
・スタートアップとメガベンチャー/大企業の双方での経験をお持ちの方
・メガベンチャーの事業責任者、営業管理職、経営企画、人事、PRといった組織での経験をお持ちの方
・コンサルティングファームでの経験をお持ちの方
・新規事業の企画・立ち上げ経験がある方

 

さすが、ベンチャーらしい感じの歓迎条件!

 

さらに気になって、エントリーボタンを押してみると…ありました!

“ご自身のURL(ご自身をアピールするリンクやSNS等)”

 

エンジニアやデザイナー募集もあるので、作品を出すのは

当たり前だと思いますが、、、、SNSもありかい?!

 

伸びてる会社は、発信力のある人材を求めている。

その状況から、今後の個人の資産として、必ずこの発信力といいますか、

人柄やスキル、実績のPRをオンライン上でできる必要がある。

 

その力と蓄積してきた信用や信頼、ファンづくりができていることが、

個人としての資産、そしてその資産を持つ社員を採用できる採用力が、

企業としての強さの源泉になるのかもしれない。

 

そんなところに行き着いた今朝でございました。

 

このブログと同テーマで進めているTwitterも、

まだまだ、個人資産としては弱いので、今後、下記ステップで進めようと思います。

 

1:まずはTwitterを5ツイート以上/日を3か月続ける

2:私が個人として、世に出せる、そして世に役立つ情報が何か

  私自身が理解するために、乱雑にブログを書き続けてみる

3:ブログも蓄積目安がたまったら、推敲する

 

2に関しては、昨日拝見したウェブセミナーの影響があるので、

その内容に関しては、また次回以降で。

 

いずれにしても、個人としての力が会社員にも

求められる時代になりつつあります。

 

もともと副業ブログとして始めていましたが

私の性格的に、ふわふわするより、やりながら考えて、真剣にやった方が、

面白いなぁと気づき始めたので、できるところからコツコツと頑張ります。

 

 

Twitterはこちら。

twitter.com

 

 

 

~追記~

 

そういえば、令和時代に合った発信力って、ありましたよね。

 

www.j-cast.com

 

マツコ・デラックスの底力とは何か?

お休みがてら、YouTubeを観ていて、この番組に行きつきました。

 


感動!!!マツコの人生論 働かない若者に送る言葉

 

マツコさんって、含蓄のあるお話されますよね。

 

今回は、この動画の中で、マツコさん自身がおっしゃっている

「書く仕事を始めた」

を見て思ったことを書いてみます。

 

 

ウィキペディアで

マツコ・デラックス - Wikipedia

職業やご経歴を拝見すると、

職業 :コラムニスト

    エッセイスト

ということで、テレビよりどうやら文字の世界にいらっしゃる方のご様子。

 

実際、経歴は20代で、記者・編集者をご経験後、

ひきこもり生活をされ、その後、中村うさぎさんから

「あんたは書くべき人間」とその文才が高く評価されるなど…

と書く方分野でも活躍されていたとのこと。

 

 

実は、表現の業界(私の場合、本業は講演/セミナー関係の仕事)では、

とにかく、本を1冊書き上げたことがある人の話は、面白い。

 

内容が詰まっていたり、よく考察/推敲されているので、

表現が磨き上げられているんですよね。

質疑応答もスパッとお答えいただけるので、

聞き手としての満足度も上がりやすいです。

(最近、書いてもらっている人の方が多いのでその場合はどうかわかりませんが)

 

マツコさんって、人生の中で、

美容の道→編集者→ニート→コメンテーター→コラムニスト

生きる道の“決断”を沢山されている方なのだと思います。

 

そして、

書くことは、考えること

 

思考されているのはもちろんですが、

1人でいる時に感じた、寂しさや虚しさをしっかりありのまま表現できる方って、

特に虚しさをあんなに、伝わる表現できる方って稀有な才能だと思います。

 

私が考えるマツコさんの底力は

書くこと、書いてきたことで養った”思考”だったのですが、

これを書きながら、面白い記事を見かけました。

 

jisin.jp

 

まさかの…

 

空洞

 

人生において、難しい決断をされている方という印象はありましたが、

まさか、これが本当に本人の意思によるものなら…

 

ほぼ、毎日のように番組チェックしておりますが、

ますます目が離せない…。

 

引き続き、観察していこうと思います。

影響力を最大限に高める方法とは?

先日、大勢(200名強)の前で話さないといけないイベントがあり、

ヒントを探していた際に、この本に出会いました。

 

パブリック・スピーキング 最強の教科書

パブリック・スピーキング 最強の教科書

  • 作者:小山 竜央
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: 単行本
 

 

しかしながら、

ストレングスファインダーの最下位が「コミュニケーション」の私は、

“書く”ことは得意ですが“話す”ことはあまり好きではない。

 

結局、当日まで読まずじまいだったのですが、

この2日間で読んでみたら、、、意外と面白かったといいますか、

話す以上に“影響力を高める”・“人に伝える”ことが勉強になったため、ご紹介です。

 

この本は、

・今、なぜパブリックスピーキングが注目されているか

・影響力を高める伝え方(;伝え方の技術)

・セミナー集客の方法

・コンテンツの作り方

・収益化

が紹介されており、ただのプレゼンテーションの本とは、

一線を画す一冊でした。

 

「伝える」というと、どうしてもその場のスキルに注目しがちだったのですが、

集客メッセージや準備、そして当日のストーリーやコンテンツを含め、

「伝える」ことです。

 

というか、そこまでできるからこその“収益化”・”繋がりづくり”なのです。

 

そのスキルだけではない部分を、

この本では、相手を動かす3つの条件として下記3つにまとめています。

 

E(エモーション/感情)

M(メンタル/価値観)

S(スピリチュアル/信条)

 

特に、最近は“人柄”や“その人らしい考え方””気骨のある人か”

”軸のある人物か”などが、特に芸能人やスポーツ選手にも

厳しく求められている時代。

 

もちろん、それは会社でも一般社会でも同じことだと思います。

 

真似したいノウハウはいくつもありましたし、

かなり細かく紹介されているので、まずは1つ1つ実践しながらも、

一番大切な3条件をしっかり軸として持っていきたいと考えています。

 

冒頭紹介した通り、

私自身は、ストレングスファインダーの最下位が「コミュニケーション」ですが、

だからこそ、私にとって、伝えるはゴールではなく、プロセス。

 

影響力やマネタイズのプロセスとしての”パブリックスピーキング”は、

これからの社会において、そして副業ブログ的にも必要なスキルだと思います。

 

なんだか、最近、中途半端な学びになりがちなので、

これ自体を実践する…のではなく一回整理して「EMS」に則って、

しっかり発信していけるように、高めていくようにします。

 

楽天ポイントを投資信託へ

楽天ポイントポイ活をしながら、貯まったポイントを

投資信託に移しております。

 

www.rakuten-sec.co.jp

 

また、新たに3,000ポイントほど貯まっていたので、

投資信託を買おうとしたところ、上がり幅と下がり幅が大きく

 

「はて、どれを買い増ししましょう…」

 

主に、米国と新興国を買っているため、

私の買っている商品の特徴として

 

・米国中心の投資信託:総額は増えているが、直近1週間での下落が大きい

・新興国中心の投資信託:総額はちょこっと増えているが、1週間での変動も小さい

 

ということで…

 

「どっちを買えばよいんだ?」

 

よく言われるようにポートフォリオ的に考えると、

単純に、一番下がっているものを足すだと思うのですが、

大差ない。。。

 

結局、3商品に500・500・1000で振り分けることにしました。

 

 

コツコツポイ活を進めていくと、実は意外とたまります。

 

私の場合、月に少なくとも諸々合わせて、

特に、何かポイントサイトなどで取り組まなくても、

買い物や生活だけで、2,000円分以上は入ってきます。

 

小さくても、しっかり、積み立てていけば、年間20,000円以上

ということで、引き続き、コツコツ貯めていこうと思います。

 

とはいえ、さすがに、コロナウィルスの影響で、通常の値動きと異なること、

そして、特に株価は“どれだけ戻すか?”わからないことから、

とりあえず、分散していましたが…

 

今朝、自分の行動の理由を、ニュースで知ることになります。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

クルーズ船やナイトクラブ、海外旅行での感染ばかりが取り沙汰されているので

「あ、コロナウィルスって富裕層ばかりかかるんだな…」

と感じていたので、

『値動きは考えても分からない』

と結論づけていたように思います。

 

多分、間違っている。いろんな意味で。

 

この期間にしっかり、投資についてもですが、

感覚ではなく、自分の頭で考えて行動できる習慣をつけられるように

したいと思った、今朝でした。